法話

ポッドキャスティング配信データ
ポッドキャスト番組
左のアイコンをiTunesのウィンドウに
ドラッグ&ドロップして登録できます。
iTunesのダウンロードはこちらから

喜捨のこころ

法話   2021/07/24
2021年07月24日放送

おはようございます。北斗市 清川寺  本間 俊介です。
二年前の八月盆を迎えようかというこのくらいの時期にあった出来事です。
お檀家さんのお宅でお勤めから寺に戻って来たところ、誰もいない寺の玄関に一つの紙袋が置いてありました。不思議に思いながら中を見てみますと、古く汚れたたくさんの赤い布が入っておりました。もしやと思い寺の墓地の脇にある地蔵堂に向かいますと、そこにいらっしゃる十五体のお地蔵様全てに真新しい前掛けと帽子がつけられておりました。紙袋の中身はこれまでのお地蔵様が身につけておられたものだったのです。
素晴らしいことをされたこの方に是非ともお礼を申し上げたいと思いましたが、その後いくら経っても名乗り出る方はおらず、未だにお礼を言えてはおりません。
善い行いをするとそのことを誰かに自慢したくなったり、お礼を言ってほしくなったりするものだと思いますが、この方はそのような気持ちにとらわれず、ただただ善いことをなさいました。
この方のように喜捨のこころを持つことは大変難しいことではないでしょうか? 喜捨とは喜んで捨てるという字を書きます。喜んで寄付や善い行いをして、そのことに対して執着せず、見返りを求める気持ちを捨てるということです。せっかく善い行いをしても見返りを期待してしまい、かえって嫌な気持ちになってしまってはもったいないことです。
貴社のこころ、見返りを求めない気持ちを心掛けておりますと、普段の生活が今までより心穏やかに過ごせるようになり、幸せをより感じられるのではないかと私は思います。
もしどうしても誰かに言いたくなった時は、仏壇に手を合わせ仏様やご先祖様に聞いていただきましょう。きっと大きな慈悲の御心であなたのお気持ちを受け止めてくださいます。

北斗市 清川寺
本間 俊介

最新の法話
2021年09月25日
2021年09月18日
2021年09月11日
 
2021年09月04日
2021年08月28日

一覧へ戻る