法話

ポッドキャスティング配信データ
ポッドキャスト番組
左のアイコンをiTunesのウィンドウに
ドラッグ&ドロップして登録できます。
iTunesのダウンロードはこちらから

箸とご縁の繋ぎ方

法話   2021/06/26
2021年06月26日放送

おはようございます。北斗市 光明寺 富田 大輔です。
箸を正しく持つとは、命である食べ物と丁寧に向き合うこと。みんなで食事をするとは、そこに集まった方と丁寧に向き合うこと。これを教えていただいたお話です。
私は小さい頃、箸を持つのが苦手でした。それを直してくれたのは、あるお寺の住職さんでした。その住職さんと1日三度の食事を、一週間一緒に取ることになり、涙を流しながら直しました。最後の夜、住職さんは諭すように話してくれました。『あなたは皆さんの前で食事をする役目なのだよ。』その当時はどのような意味か解りませんでした。
それから約三十年。私が住職を務める寺では、一月二日から年始参りが始まります。約一週間はお正月気分なので、親戚が大勢集まり盛大に行います。そして私はその檀信徒さんのお宅で、お昼ご飯や晩御飯をご馳走になります。それは大変ありがたいことです。なぜなら皆さんだけで食べれば、いつもの食事と変わらないはずなのに、他人の私を仲間に入れてくれるのですから。私が食事の席に着くということは、気を遣うことになります。
食事の席ではご馳走が並んでいます。また家族や親戚の顔も並んでいます。私はその席で皆さんとお話をしながら寛ぎます。そしていつも通り、自然に正しい箸の持ち方をしています。ご馳走だけでなく、皆さんからの御縁もたくさんいただいています。住職さんは食事作法だけでなく、皆さんとのご縁の繋ぎ方を教えてくれたのです。

北斗市 光明寺
富田 大輔

最新の法話
2021年09月25日
2021年09月18日
2021年09月11日
 
2021年09月04日
2021年08月28日

一覧へ戻る