法話

ポッドキャスティング配信データ
ポッドキャスト番組
左のアイコンをiTunesのウィンドウに
ドラッグ&ドロップして登録できます。
iTunesのダウンロードはこちらから

鏡開き

法話   2021/01/09
2021年01月09日放送

おはようございます。札幌市 真龍寺 飯田全祥です。
新年を迎え皆さんはお餅を食べましたか?私は食いしん坊であるため年が開ける前から食べ始めております。
 このお餅を食べるのに一番ちょうど良いのが1月11日から20日の間に行われる鏡開きという行事の間であります。
鏡開きとはお正月中に神棚やお仏壇にお供えした鏡餅をおろして、そのお餅を雑煮やお汁粉にしてありがたく頂くことにより無病息災を願うことを言います。
私が小学生から中学の間通っていた剣道道場では毎年、初稽古で鏡開きをしました。稽古の始まりに皆で一列になって先生の日本刀を借り、一振りずつ「エイっ!」と鏡餅を順番に叩き、その稽古を終えたらそのお餅を皆でお汁粉にして食べるのが決まりでありました。冬の自剣道道場は水飲み場の水が凍るほど寒く、氷の上を裸足で剣道をしているかのようで辛かったですが、この稽古の終わりにお餅を食べることによって風邪にならず時済んだのだろうなぁ、と今になって思います。
また私が修行をした大本山永平寺では、仏様にお供えした鏡餅をおろし、修行僧の食事を司る典座寮へ持っていきます。すると典座寮の和尚さんたちがお餅にカビが生えていたとしても神仏が宿ったお餅ですので捨てることなくカビを丁寧にとって調理をしてくれます。それから数日は朝に食べるお粥にお餅が入っていることがありまして、辛い修行のなかでもそれは私を癒す小さな幸せなことで最後までありがたく頂きました。
去年はコロナウィルスで病が特に怖く感じられたことでしょう。そして今年もその状態が続くようですから、このように皆様も一緒に鏡開きで神様、仏様だけでなくご先祖様が宿ったお餅の力を借り、最後までありがたく頂いて無病息災ならんことを。

札幌市 真龍寺
飯田全祥

最新の法話
2021年02月20日
 
2021年02月13日
 
2021年02月06日
2021年01月30日

一覧へ戻る