法話

ポッドキャスティング配信データ
ポッドキャスト番組
左のアイコンをiTunesのウィンドウに
ドラッグ&ドロップして登録できます。
iTunesのダウンロードはこちらから

美味しく頂く

法話   2020/02/08
2020年02月08日放送

おはようございます、奈井江町 円通寺 矢野一道です。
20年ほど前、有馬秀子さんという方が、百歳の現役銀座ママとして有名になりました。
私はふとしたご縁で、ママと親しくお話をさせていただきましたが、なかでも一番興味を持たれたのが、禅宗での食事作法でした。
私ども禅宗では食事も大切な修行ですから、食事用具の整え方、お唱え言、頂く方法まで厳しい規則があります。一切の雑音が禁じられていますので、話はもちろん食べるときの音もいけません。食事はすべて、身体を保つための薬として頂くと考えるからです。
このようなお話をさせていただきますとママは、
「美味しいものを頂くより、ものを美味しく頂くのがなによりですね」と言われました。同様の言葉はママの著書にも紹介されていますので、他にも多くのお客様がこの言葉を聞いたと思いますが、私は食事をいただくときの心構えを再認識させられました。
お釈迦様は「供養された魚肉、いわゆる『なまぐさ物』を食べてもいいのですか」との問いに、「なまぐさいとは、魚肉を食べることではなく、供養されたものを感謝できないで食べる心のことだ」とおっしゃいました。
今、世界では全人口の約10分の1が飢餓に苦しむ一方で、星人の8人に1人が肥満で悩んでいます。日本では年間約650万トンもの食べ物が捨てられる「食品ロス」が問題になっています。
これらのことが一気に解決できるとは思いませんが、お釈迦様の教えに触れる者として、また百歳でも凛として銀座のママであり続けた有馬秀子さんと多少なりともご縁を結ばせていただいた者として、「食事を感謝して、美味しく頂く」ことを肝に銘じ実践していきたいと思いますし、皆様にもお勧め致します。

奈井江町 円通寺
矢野一道

最新の法話
2021年03月27日
2021年03月20日
2021年03月13日
2021年03月06日

一覧へ戻る