法話

ポッドキャスティング配信データ
ポッドキャスト番組
左のアイコンをiTunesのウィンドウに
ドラッグ&ドロップして登録できます。
iTunesのダウンロードはこちらから

「食事の大切さ」

法話   2018/06/30
2018年06月30日放送

おはようございます、滝川市 円覚寺 本川芳龍です。
本日は食事を頂くことについてお話したいと思います。
6月も終わりに差し掛かり、私の地元である滝川市では、黄色い絨毯にも見える菜の花畑もシーズンを終え、緑あふれる光景になりました。
同時に夏野菜の収穫も始まり、私共の味覚を喜ばしてくれます。
しかし、現代の日本の食事の在り方に、一人ひとりが考え直さなければいけないことが、たくさんあります。その一つに「食べ残し」があります。
日本国内における年間の食品廃棄量は世界でも一、二位を争うほど高く、そのうち、まだ食べられるのに捨てられてしまうもの、いわゆる「食品ロス」だけで年間数千万人規模の食事を賄うことが出来る程、食べ残しをしているのです。これは私たち一人ひとりが一食、いや一口の食事から見直し、反省しなければなりません。
私達僧侶は、御本山等で食事を頂くときに、幾つかのお唱えごとをしております。その一つに「一口為断一切悪、二口為脩一切善、三口為度諸衆生、皆共生仏道」とお唱えごとをして食事を頂きます。
このお唱えごとの意味は申しますと、一口には一切の悪を断つために、二口には一切の善を修めるために、三口には生きとし生けるすべての人々の幸せを願い、そして、みな一緒にお釈迦様の教えを実践していくために、と言うことです。私達は、いつもこう心の中でお唱えをしております。
私達日本人の多くは、当たり前のように食事を頂けてる反面、どこかで一日一回の食事も摂れず苦しんでいる人達がいることを忘れてはいけません。満たされているが故に本来の食事の大切さ、食物の尊さを思い起こし、すべての人々に食事が行き渡る世界になるよう、みんなで実践していきましょう。

滝川市 円覚寺
本川芳龍

最新の法話
2021年02月20日
 
2021年02月13日
 
2021年02月06日
2021年01月30日

一覧へ戻る