法話

ポッドキャスティング配信データ
ポッドキャスト番組
左のアイコンをiTunesのウィンドウに
ドラッグ&ドロップして登録できます。
iTunesのダウンロードはこちらから

「只菅打坐」

法話   2017/09/23
2017年09月23日放送

福井県にある大本山永平寺をお聞きになりました道元禅師さまのお言葉に、「只菅打坐」というお言葉があります。これは、ただひたすらに坐禅に打ち込みなさい、という意味です。
この道元禅師さまのお言葉の「只菅」という文字、ただひたすらにというのが、私ども曹洞宗の本質ではないか、と私はいつも思っています。
またもう一つの本山である神奈川県横浜市大本山総持寺をお聞きになりました瑩山禅師さまは「茶をおうては茶を喫し、飯におうては飯を喫す」というお言葉をのこされています。
瑩山禅師さまは道元禅師さまの数えて四代目のお弟子さんです。
道元禅師さまの「只菅打坐」のお言葉を、もっと私たちにわかりやすく説いて頂いているのが、この「茶をおうては茶を喫し、飯におうては飯を喫す」のお言葉です。
その意味は、お茶を飲むときは一生懸命にお茶を飲みなさい。ご飯を食べるときは一生懸命にご飯を食べなさい、つまりどの行いもただひたすらに、一生懸命に行いなさいというのが、お二人の禅師さまからの教えなのです。
皆さん、今日これからの一日を、一生懸命に生きてください。
一生懸命にご飯を食べて、一生懸命に仕事をして、一生懸命にに遊んで、そして夜になったら一生懸命に眠ってください。そのようないつもある普段の私たちの生活を一生懸命に過ごしてください。
禅とは特別なことをする教えではありません。
一日一日を一生懸命に生きること、この今ある命を大切に生きることが禅なのです。

北見市 白麟寺
副島 豊道

最新の法話
2021年08月28日
2021年08月14日
2021年08月07日
2021年07月31日

一覧へ戻る