法話

ポッドキャスティング配信データ
ポッドキャスト番組
左のアイコンをiTunesのウィンドウに
ドラッグ&ドロップして登録できます。
iTunesのダウンロードはこちらから

「掌 たなごころ」

法話   2013/08/17
2013年08月17日放送

ご先祖様をお迎えし、生かされているいのちといただいたご縁に感謝の心をあらわすお盆の行事も終わりました。お墓や精霊棚、仏壇に向かって手を合わせてお参りされた方も多いことと思います。
手のひらと手のひらを合わせるのが合掌です。「合掌」の「掌」という文字は、「手のひら」を一文字で表した漢字で、別に「たなごころ」とも読まれます。「たなごころ」とは「手の心」という意味です。すなわち、「手の心」と「手の心」を合わせた姿が合掌、ということになります。「手の心」を合わせた中には、「まごころ」があると思います。お盆に限らずお寺では、様々な場面で合掌の姿を拝見します。表情は優しく、穏やかで、まごころが現れている合掌のそのお姿は、まさにほとけさまのようです。
なにかと忙しい日常においても、ほとけさまのように穏やかで優しい気持ちでいたいものです。どうぞ、朝夕に仏壇に向かい、合掌しましょう。それだけで心が落ち着くことでしょう。家に仏壇がないかたも、毎度の食事の前後に「いただきます」「ごちそうさまでした」と手を合わせましょう。私たちのからだを支えるのに必要な食事は、動物や植物の尊いいのちをいただいています。さらに、食卓に並ぶまでには多くの人の努力と愛情がかけられているのです。そうした、いのちとご縁に感謝するまごころを合掌の姿に表わしたとき、皆さんの心におられるほとけさまが現れていることでしょう。いつでも手を合わせたとき、目の前にほとけさまが現れる、そんな日常を心がけたいものです。

浜中町 祥雲寺
加藤 謹也

最新の法話
2021年02月20日
 
2021年02月13日
 
2021年02月06日
2021年01月30日

一覧へ戻る