法話

ポッドキャスティング配信データ
ポッドキャスト番組
左のアイコンをiTunesのウィンドウに
ドラッグ&ドロップして登録できます。
iTunesのダウンロードはこちらから

2012年12月22日放送

法話   2012/12/22
2012年12月22日放送

みなさんは大切な人の手のぬくもりを覚えていますか?ごつごつした働き者の手・柔らかくあたたかい手、人の数だけ色んな手があります。
わたしは家族で旅行や食事に行った記憶がありません。家族の誰かがお寺の留守番をしなければならなかったからです。休日は友達が遊んでいるのを横目に、お寺のお勤めを手伝わなくてはならなく、親に反抗した事もありました。父とは口を開くといつもケンカになり、いつしか手も触れる事さえもためらうようになりました。
数年前、そんなわたしと助手席に座る父。葬儀の帰りに二人で家路を急いでいた時のことです。立派な角を持った鹿が目の前に現れ、わたしは思わず「わぁ」っと急ブレーキをかけ、とっさに腕を伸ばし父をかばっていました。父は何を思ったのか、わたしの伸ばした手を握り締めていたのです。
わたしは動揺した。ほんの数秒の出来事でしたが走馬燈のように父との少ない少年時代の記憶がよみがえったのです。父の手はシワシワながら、昔と変わらぬぬくもりを感じました。それ以来、父には車の後部座席に座って貰っています。
修証義(しゅしょうぎ)のお経の中に「光陰は矢よりも迅(すみや)かなり、身命は露よりも脆(もろ)し」とあります。過ぎ去る時間は早く、命は草の葉にやどる露よりも儚(はかな)い。との意味です。
今年も残すところわずかになりました。一年を懺悔し、全てのものに報恩感謝、清々しい気持ちで新たな年をお迎えくださいますよう、お祈り申し上げます。

喜茂別町 北禅寺
富田 泰俊

最新の法話
2021年08月28日
2021年08月14日
2021年08月07日
2021年07月31日

一覧へ戻る