法話

ポッドキャスティング配信データ
ポッドキャスト番組
左のアイコンをiTunesのウィンドウに
ドラッグ&ドロップして登録できます。
iTunesのダウンロードはこちらから

2012年11月17日放送

法話   2012/11/17
2012年11月17日放送

本日は「布施のこころ」についてお話いたします。
当山の檀信徒に長田吉子さんという方がおりました。寺の行事があるときは、誰よりも早く来ては掃除をし、他の檀信徒の方々には、お団子の作りかたや仏様にお供えするお膳の作り方を教え、準備や後片付けの指揮をとっていました。
寺でお葬式があるときは、葬儀社の方と一緒に掃除を手伝っていました。そして、何より印象に残っているのは、ご自宅から30分程歩いて寺に来ては、庭の草取りを毎日のようにしていたことです。腰をかがめ、鍬をもって丁寧に根っこからとります。モンペをはき、頭には手ぬぐいをまき、顔は真っ黒に日焼けしていました。近所の人からは「お寺では草の生えない土を使っているのですか」と言われるくらい、いつも庭は綺麗になっていました。それを30年続けました。
80歳半ばになると急に体力が落ち、寺に来ることができなくなりました。しかし、今度は私が毎月長田さんのご自宅に伺い、仏壇でのお勤めのあと、色々とお話をさせて頂きました。
その長田さんが95歳で亡くなるまで毎月のように私に言ってくれたことがあります。それは「私は長い間、お寺にお手伝いさせてもらって幸せでした」という言葉です。その言葉どおり、本当に幸せそうな表情でいうんですよね。
私にとっては本当にありがたく、もったいない言葉で、感謝の気持ちが溢れてきます。寺につくし、仏様につくして、なおかつそのことが自身の喜びであるこの心こそ布施のこころであり、尊いことです。そしてそれは私達が毎日の生活の中で実践すべきことなのです。

函館市 永全寺
齋藤 隆明

最新の法話
2021年03月27日
2021年03月20日
2021年03月13日
2021年03月06日

一覧へ戻る