法話

ポッドキャスティング配信データ
ポッドキャスト番組
左のアイコンをiTunesのウィンドウに
ドラッグ&ドロップして登録できます。
iTunesのダウンロードはこちらから

2011年12月10日放送

法話   2011/12/10
2011年12月10日放送

「おとうさん、会いに来たよ…。なんぼ呼んでも返事しないんだから。」 私のお寺のお檀家さんで、寺参りに来られる度に必ずこう言って、お亡くなりになられたご主人のお墓に話しかけるご婦人がおられます。またそれを何度となく耳にしていた私の妻は「○○さんは幸せだね。」と言って私に教えてくれました。私は何とも言えぬ温かい気持ちになりました。
しかし何故、返事がないと不満を言っている奥さんの姿を見て、さらには亡くなっている仏様に対しても、幸せだなと思えたのでしょう。それは、人というのは亡くなっても、きっと何処かで私たちを見守ってくれているから、こちらの思いが通じていると信じているからなのだ、と思いました。結果を求めたり、実際に確認できなくても、幸せは感じられるのだと知りました。
幸せとは一体なんですかと聞かれたら、おそらく多くの方は自分の思うある欲求が満たされた時に感じるものだと答える方が多いかと思いますが、それは本当の幸せでしょうか。
唯教と言うお経の中に「多欲の人は利を求むること多きが故に苦もまた多し 小欲のひとは無求無欲なれば則ち此の患い無し」とあります。ひとつの欲を満たしても、さらに多くのもっと大きな欲望へと変わっていくことで、苦悩もまた増えていくことになってしまうのです。本当の幸福・心の安楽とは、この欲を少なくしていくことにあると教えてくれています。
さて、大晦日になりますと除夜の鐘が打ち鳴らされますが、これは心の闇夜を除くという意味で、人が持つ百八つの煩悩を取り除こうと心の大掃除をする為に打ち鳴らされるものです。
月日はあっという間に過ぎ去って行きます。今年こそ今年こそ、また来年とならぬように今から少しでも少欲に心掛けていきたいものです。

美唄市 禅昌寺
荻野 道弘

最新の法話
2021年02月20日
 
2021年02月13日
 
2021年02月06日
2021年01月30日

一覧へ戻る