法話

ポッドキャスティング配信データ
ポッドキャスト番組
左のアイコンをiTunesのウィンドウに
ドラッグ&ドロップして登録できます。
iTunesのダウンロードはこちらから

2011年6月11日放送

法話   2011/06/11
2011年06月11日放送

人間はいろいろなものに例えられてきましたが、そのひとつに「石垣のごとし」というのがあります。 自分が生まれてから今日に至るまで、その間に起きたひとつひとつの出来事をひとつひとつの石であると考えるとき、あたかも人間は積み上げられた石垣のようです。 そこには、小さくて丸い石もあれば、大きくて四角い石もあります。 石の色も、自分のその時々の悲しみや喜びに似て、濃いものも淡いものもあります。
私たちは生まれたときから、石垣の石を積むようにして生きてきました。 そして現在、自分の年齢に見合う高さまで、石垣を積み上げたわけです。 さて、あなたの石垣の出来栄えはいかがですか、グラグラしていませんか、穴があいていませんか。 出会う出来事すべてが、私の石垣の石となる以上、いい加減に積める石などひとつもありません。それはまさに自分の人生の石垣です。
道元禅師の教えに「人もし仏道を修証するに、得一法・通一法なり、遇一行・修一行なり。」とあります。 すなわち仏道を修めるということは、「一行に遇うて、一行を修す」ということであります。いま自分が出会うひとつひとつのおこないに対して、それが好きだ嫌いだ、損だ得だという自分勝手な判断をせずに、ただ一生懸命に努力することで、仏道にかなった生き方ができるということになるのです。
人生の石垣の美しさは、色や形だけではありません。私たちは、たとえどんな石でも自分の人生に必要なものとして、両手で大切にいただき、それを丁寧に正しく積み上げることによって、本当に美しい出来栄えの石垣を創り上げてゆきたいものです。

安平町 瑞雲寺
増坂 澄俊

最新の法話
2021年08月28日
2021年08月14日
2021年08月07日
2021年07月31日

一覧へ戻る