法話

ポッドキャスティング配信データ
ポッドキャスト番組
左のアイコンをiTunesのウィンドウに
ドラッグ&ドロップして登録できます。
iTunesのダウンロードはこちらから

2009年11月28日放送

法話   2009/11/28
2009年11月28日放送

私のお寺では年に一度、小学校高学年の子供達二十人前後が日曜から金曜日まで五泊六日をお寺で寝泊まりし、班分けをして食事の支度や片付け、掃除など日常生活の全てを高校生ボランティアの力を借りながら自分達の手で行う「寺子屋通学塾」というものを行っています。
その中で、毎朝、班ごとに三十分程坐禅をします。
日程終了後、子供達のこんな感想文がありました。
「毎朝の坐禅は足も痛いし、時間がとても長く感じられて最初は大変だった。でも慣れてくると心が落ちついて気持ち良く思えた。時々は静かな時間も必要だと思った。」
この感想文には、坐禅によって心が調えられてゆく様子がうまく表されています。
さて、坐禅をする時は、なるべく静かな場所を選び、仕事の事や家庭の事情を一休みし、損得や善悪を考えず、ただひたすら坐る。
腰骨を立て背筋を真っすぐにして姿勢を調え、吐く息、吸う息をゆっくり深く丁寧にして息を調える。そして、それによって心が調えられていきます。
夜寝る前に行うと安眠が訪れ、朝に坐ると一日が清々しく始まります。足を組めない方は正座でも椅子でも構いません。
道元禅師さまは、坐禅は悟ることを目的にするのではなく、安らかな修行としての坐禅ですよとおっしゃっています。
まずは一日の中で少しの時間でも静かに坐る習慣を身に付けたいものですね。

浜頓別町 永生寺
加藤 智裕

最新の法話
2021年03月27日
2021年03月20日
2021年03月13日
2021年03月06日

一覧へ戻る