法話

ポッドキャスティング配信データ
ポッドキャスト番組
左のアイコンをiTunesのウィンドウに
ドラッグ&ドロップして登録できます。
iTunesのダウンロードはこちらから

静かに坐れば思い出す

法話   2021/03/27
2021年03月27日放送

「坐禅は一生涯の中で最も大事なことである」これは曹洞宗の開祖、道元禅師の言葉です。坐禅とは、姿勢と呼吸を調えて静かにただ坐る。そうするとやがて心が調ってくる。というものです。
 私は、自分と自分お大事な人の命が最も大切で、それを維持する事が最も大切だと思っていたので、道元禅師の言葉をいま一つ理解できずにいました。

しかしある日、本堂で坐禅をしていた時のことです。夏の暑い日でした。
窓を開けて坐っていると、突然サーっ 木の葉が揺れる心地いい音がしてきました。そして窓から涼しい風が入ってきます。
「ああ、気持ちがいいなあ。」 そして 「ああ また涼しい風が吹いてくれないかな」と願いました。しかし、風はなかなか吹いてくれません。

次に気になったのは、トラックの音です。大きなエンジン音にバックする時の警告音。
私は「うるさいなー。早くいなくならないかなあ」
そんな風に私は、耳に入ってくる様々な音に翻弄されながら座っていきました。
外の音。様々な生き物が出す音。天気の音。自然の音。

そしてふと私は、色々な音に囲まれていることに気づきました。そしてこの中で、私が止めようとして止められる音は一つもないことに気が付きました。

思い通りにならないものに囲まれている。自分の心臓でさえ思い通りになりません。自分は、この沢山の音の中、大きな自然の中に生かされる存在なのだと気づかされたのです。
そしてそれは自分じゃない誰かも同じです。
いつまで続くかわからないこの命。
思い通りにならないからこそ大事な人の事を今この瞬間大事にできるのだとそう思いました。

それ以来私は、坐禅をより大切に思うようになり、自分と自分の大切な人の命の有難みを毎日頂戴致します。

由仁町 常福寺
山川 大順

最新の法話
2021年09月25日
2021年09月18日
2021年09月11日
 
2021年09月04日
2021年08月28日

一覧へ戻る