法話

ポッドキャスティング配信データ
ポッドキャスト番組
左のアイコンをiTunesのウィンドウに
ドラッグ&ドロップして登録できます。
iTunesのダウンロードはこちらから

不瞋恚

法話   2020/09/19
2020年09月19日放送

♪ 心を定めて腹立てず 祖先に祈りこめてこそ ♪

おはようございます、札幌市 天童寺 大熊真龍です。

今、お唱えしたのは彼岸御和讃というご詠歌の一節です。
「心を定めて腹立てず」
これは「不瞋恚」という教えです。「不瞋恚」とは「イライラしない、腹を立てない」ということであります。最近では「アンガーマネージメント」すなわち「怒りの制御」という言葉がはやったり、「あおり運転」が話題になったり、「怒り」に関する話題は古今東西事欠きません。
「怒(いか)る」という行為は他人を傷つけることはもちろん、自分の心も傷つけてしまうので厳に慎むべきです。ところが、そうは分かっていても、どうしても「イライラ」してしまうのが私たち人間の常であります。
「イライラ」の原因をよーく観察してみると、ほとんどは自己中心的な考えによるものです。「怒り」は自分の思い通りにならない「他人」や「もの事」に向けて起こる心の葛藤であります。
しかし、お釈迦様は、この世は「娑婆」といって異なるものの寄せ集めだから「思いどおりにならない」のが原則であると説かれておられます。
確かに、どんなに頑張っても、また気をつけていても失敗することはあるし、損することもあります。こんな時、一歩下がって世の中お互い様、常に自分の思いどおになることなんかないさ。不条理というのが世の常。と考え、受け入れる癖をつければ、ずいぶんと気持ちは軽くなるでしょう。怒りに燃えて他人や自分を傷つけることも無くなることでしょう。
もうすぐお彼岸、心をじっくりと定めて腹を立てないように努めることを心がけてみられてはいかがでしょうか。

札幌市 天童寺
大熊真龍

最新の法話
2020年10月31日
2020年10月24日
2020年10月17日
2020年10月10日

一覧へ戻る