法話

ポッドキャスティング配信データ
ポッドキャスト番組
左のアイコンをiTunesのウィンドウに
ドラッグ&ドロップして登録できます。
iTunesのダウンロードはこちらから

正しさとは

法話   2020/08/01
2020年08月01日放送

おはようございます、千歳市 大禅寺 押見正貴です。
うちの幼い子供達と一緒に、子供向けのテレビ番組を見ることがあります。上の子が幼稚園に入った頃からは、主人公の女の子が、不思議な力を持つ正義のヒロインに変身して、悪の組織に立ち向かう、という物語を見る様になりました。こういう番組を見ていて気付くのは、正義のヒロイン達が悪の組織と戦いつつも、決して彼らを一方的に断罪し屈服させようとはしていない事です。むしろ彼女達は戦いの中で悪の組織のメンバーの話に耳を傾け、なぜそのような考えを持つに至ったのか、自分たちにも足りないところはなかったかに思いを馳せていくのです。そして最終回間近になると、正義のヒロイン達は悪の組織のメンバーとお互いを理解し合うようになり、平和裡に戦いは終結します。
福井県の大本山永平寺をお開きになった道元禅師様は、ある時お弟子さん達に、「善悪と伝フこと定メ難し」「善悪というのは定められないものである」というお話をされております。
また別の機会には、「学道の人、自解を執する事なかれ」「仏道を学ぶ人は、自分の見解を固執してはならない」と仰っております。これらは『正法眼蔵随聞記』という書物の中で示されているお言葉です。
「何が善で、何が悪か。それは簡単には決められない」「自分の意見、自分の物の見方が絶対だと思ってはならない。」 道元禅師様がお示しになったメッセージが、子供向け番組のヒロイン達にはっきりと現れておりました。
自分の考え方に自信を持つこと、自らの姿勢にプライドを持つ事は、もちろん必要です。しかし、「自分が正しくて相手は間違っている、と簡単に決め付けない」、「謙虚に学び続ける、相手の言い分にもしっかりと耳を傾ける」。こうした事も同じくらい大切ではないでしょうか。

千歳市 大禅寺
押見正貴

最新の法話
2021年02月20日
 
2021年02月13日
 
2021年02月06日
2021年01月30日

一覧へ戻る