法話

ポッドキャスティング配信データ
ポッドキャスト番組
左のアイコンをiTunesのウィンドウに
ドラッグ&ドロップして登録できます。
iTunesのダウンロードはこちらから

五つの[あ]

法話   2019/08/31
2019年08月31日放送

おはようございます、北見市 高台寺 佐伯至純です。
いよいよ東京オリンピック開幕まで一年足らずとなりました。各地の盛り上がりと、日本を代表する選手たちの活躍に期待が膨らみます。
さてこれは、今から15年前に開催された、アテネオリンピックでのエピソードです。
競泳女子800メートル自由形で、見事金メダルを獲得した柴田亜衣選手は、コーチからの助言を繰り返し思い浮かべ試合に臨んだ結果、金メダルにつながったという話が、当時の新聞記事に取り上げられておりました。
その助言とは「あせらず」「あわてず」「あてにせず」「あなどらず」「あきらめず」の五つの[あ]を忘れないことでした。
中でも最後の「あきらめず」という思いは、選手にとって結果を左右する大切な心がけです。
「今さら遅いかも」ではなく「今がチャンス、まだ間に合う」と考えられるかどうか。「どうせ無理だろう」ではなく「やってみなければわからない」という気持ちを切り替え、前向きに取り組むことが「あきらめず」ということです。
たとえば、「コップに水がもう半分しかない」と捉えるか「まだ半分ある」と考えるかでは、同じ量でも心持は正反対です。
また、「ご飯を食べないと大きくなれないよ」と言うのと「ご飯を食べたら大きくなるよ」と言うのでは受け止め方がまったくちがうそうです。
何事も前向きな思い「プラス思考」が良い結果を生むということでしょうか。
「五つのあ」は、スポーツの世界に限らず、私たちの日々の生活でもすぐに取り組める心がけだと思います。
さあ今日も一日「あわてず」「あきらめず」心豊かに笑顔で過ごしたいものです。

北見市 高台寺
佐伯至純

最新の法話
2021年02月20日
 
2021年02月13日
 
2021年02月06日
2021年01月30日

一覧へ戻る