法話

ポッドキャスティング配信データ
ポッドキャスト番組
左のアイコンをiTunesのウィンドウに
ドラッグ&ドロップして登録できます。
iTunesのダウンロードはこちらから

「言葉」

法話   2016/09/17
2016年09月17日放送

皆様は、自分の言葉で相手を傷つけてしまったり喧嘩をしてしまったり、トラブルになったことはありますか?
おそらく多くの方に覚えがあるかと思います。私もたくさんあります。
それではその時、どのようにすると良かったのでしょうか?
道元禅師は「言(ことば)を出(いだ)さんとせん時は、三度顧(みたびかえりみ)て、自利利他(じりりた)の為(ため)に利あるべければ、これを言ふべし。利なからん時は止(とど)まるべし。」とお示しです。
これは、ものを言おうとする前に、その言葉を3回よく考えて、その言葉が自分の為にもなる、そして相手の為にもなる、そうであるならば言いなさい。しかし、自分の為にも相手の為にもならないのであれば、言うのはやめなさい、ということです。
私達は、つい思いつきで言葉を発してしまって、知らず知らずのうちに相手を傷つけていることがあります。TV等のメディアを通して、発言を撤回したり謝罪している場面もよく目にします。
3回考えてからものを言うというのは難しいことです。そこで道元禅師は「是(かく)の如き、一度にはしがたし。心に懸(か)けて漸漸(やややや)に習ふべきなり。」ともお示しです。一度にこれを行うことは難しい。常に心掛けて徐々に学んでいくように、ということです。
会話をしておりますと、3回考えるということを忘れそうになりますが、3回までとはいかなくても、一旦考えてから言葉を発する。この事を常に心掛けてゆくことで、言葉によるトラブルは減ってゆくことと思います。

札幌市 峯光寺
小野 隆見

最新の法話
2021年02月20日
 
2021年02月13日
 
2021年02月06日
2021年01月30日

一覧へ戻る