法話

ポッドキャスティング配信データ
ポッドキャスト番組
左のアイコンをiTunesのウィンドウに
ドラッグ&ドロップして登録できます。
iTunesのダウンロードはこちらから

「命の尊さ」

法話   2016/01/30
2016年01月30日放送

近年、命の尊さを否定する、痛ましい事件が相次いでいます。苦しみや悲しみに直面したとき、私たちは生きる意味を考えることになります。
「生きるとはどういうことなのか?」「人生の目的とは何なのか?」
この難題にお釈迦様は「天上天下唯我独尊」という言葉で答えられています。
「天上天下唯我独尊」とは「この世で一番尊いものは、自分一人である」という意味であり、わかり易く申しますと、「自分という存在は、誰にも代わることのできない人間として生まれており、この命のまま尊い」という意味です。
日々、私たちが暮らしていく中で、様々な苦しみや悲しみを無くすことはできません。しかしながら、「生きていく中で、無駄なことなど全くない」「自分を支え、心配してくれる多くの人々と、多くの命がいつも見守っていてくれる」ということに気が付くと、苦しみは苦しみのまま、悲しみは悲しみのまま受け入れることができるかと思います。
私たちは一人で生きているのではなく、それぞれにとっての大切な命の支え合いをしながら、この命があるのではないでしょうか。
お釈迦様は亡くなる最後「この世は美しい、人の命は甘美なものだ」という言葉を残されました。これは悟りの心境であるのと同時に、懸命に人生を生きた言葉であるように思います。
どんなに辛くても、どんなに苦しくとも私たちは与えられた命を生きなければなりません。自分を支えてくれた亡き人に代わって、懸命に命を全うして欲しいという願いであるのと同時に、私が生きることを選んでいる人間だからであって、それ以上の理由はありません。

室蘭市 大善寺
有田 北斗

最新の法話
2021年08月28日
2021年08月14日
2021年08月07日
2021年07月31日

一覧へ戻る