法話

ポッドキャスティング配信データ
ポッドキャスト番組
左のアイコンをiTunesのウィンドウに
ドラッグ&ドロップして登録できます。
iTunesのダウンロードはこちらから

「1メートルの箸」

法話   2015/02/21
2015年02月21日放送

 本日は「1メートルの箸」という物語をお話いたします。
 我が国には昔から、善いことをすれば、亡くなったあと天国に昇り、悪いことをすれば、地獄に堕ちるという考え方(観念)があります。
 ところで、天国でも地獄でも、食事のときは、1メートルもある長い箸を使っています。天国と地獄、どちらも条件は同じですが、なにやら様子が違っているので覗いてみましょう。
 まず、地獄での食事が始まりました。長い箸で我先にと食べ物を挟み、自分の口に入れようと、必死に頑張りますが、どうしても思うように食べられず皆、イライラしています。そして、お互いの箸と箸がぶつかり合うことで、とうとうケンカになり、食事どころではなくなってしまいました。地獄の食事は、自分勝手に食べ物を求めることで、争いが絶えず、とても醜いありさまでした。
 では、天国での食事を覗いてみましょう。地獄と同じ長い箸を使っているのですが、不思議な事に皆ニコニコしながら楽しそうに食事をしています。天国では長い箸で食べ物を挟み、向かい側の人の口へ運び入れることで、お互いのお腹を満たしていたのです。天国の食事は、共に分かち合い、与え合い、喜びと幸せに満ちていました。
 この物語を聞いて、あなたなら1メートルの箸を、どのように使いますか?  お釈迦さまは「与えるとき、心が豊かになり、惜しむとき、心が貧しくなる」と、説かれています。  皆さん、自分の行いを反省し、「ありがとう」「おかげさまで」という感謝の心で、充実した毎日を送りましょう。

松前町 法幢寺
木村 清崇

最新の法話
2021年08月28日
2021年08月14日
2021年08月07日
2021年07月31日

一覧へ戻る