法話

ポッドキャスティング配信データ
ポッドキャスト番組
左のアイコンをiTunesのウィンドウに
ドラッグ&ドロップして登録できます。
iTunesのダウンロードはこちらから

「本物とは」

法話   2014/04/26
2014年04月26日放送

この度「本物とは」という題名で法話を致しますが、皆様は“真似”というとどの様な印象をお持ちになるでしょうか。
私がある一軒のお宅に御月参りにお伺いした時のことです。お経を始める前に何となくお供えの丸餅が目に入りました。艶があり大きさも揃っており、とても綺麗な丸餅でした。それから何度お伺いしても同じ大きさで同じ艶、方向もきちんと合わせてお供えしておりました。
ある日お経が終わった後に「これはご自身でお作りになったお餅ですか?」と聞いてみましたところ、「はい。私が作ったお餅でございますよ」と丁寧な口調でお答えくださり、私は「本当に綺麗なお餅ですね。これだけ綺麗なお餅を作れる方を見たことがないです」と驚きますと「毎月、見様見真似で作っておりますとこうなりました」と返事が返ってまいりました。
その時私は大本山永平寺の七十八代目貫首、宮崎奕保禅師のお言葉を思い出しました。 宮崎禅師は「仏の真似を一日真似れば一日の仏、三日真似れば三日の仏。一生真似ればそれは本物だ。」と言っておられました。真似をすることは簡単ですが、真似をし続けるとなると、なかなか難しいものです。
諸説ございますが、「学ぶ」は「真似る」の語源とも言われております。 皆様も今日から小さな事で良いと思います。初めは型から入るのも宜しいでしょう。中途半端に真似るのではなく、きちんと何かを学ぶつもりで良い真似を始めてみては如何でしょうか。 継続していけば、きっといつか本物になると思います。

江別市 禅龍寺
万年 守玄

最新の法話
2021年02月20日
 
2021年02月13日
 
2021年02月06日
2021年01月30日

一覧へ戻る