法話

ポッドキャスティング配信データ
ポッドキャスト番組
左のアイコンをiTunesのウィンドウに
ドラッグ&ドロップして登録できます。
iTunesのダウンロードはこちらから

2012年2月4日放送

法話   2012/02/04
2012年02月04日放送

今日は信仰のある生活についてお話しいたします。

現在、仏教の信仰の中心というと「仏像」「経典」「お墓」「仏壇」そして「お寺」が思い起こされますが、これらのものは、お釈迦様が亡くなられたあと、後世の人々によってつくられたものです。「仏像」や「お墓」はお釈迦様や亡き人を偲ぶ追慕の念により、「お経」はお釈迦様の教えを確実に伝えるために、「お寺」は僧侶を育成し、人々に仏法を広めるために造られたのです。

では、お釈迦様を信仰するというのはどういうことをいうのでしょう。永平寺を開かれた道元禅師は、「仏道を志したならば、最初から焼香・礼拝・念佛・お清め・お経といった儀礼を学ぶのではなく、座禅を専らにして身と心を清め、お釈迦様のように生きよ」とのお示しです。

お釈迦様のお言葉に「人間の価値は、その人の生まれや、家柄、地位・財産によって決まるのではなく、その人の清き行いによって決まる」と教えられています。

現代社会において、仏教を信仰するということは、仏さまに手を合わせることは勿論、大切なことではありますが、それ以上に、日頃の自分自身の行いを反省し、背筋を伸ばし、呼吸をととのえ、清らかな行いを積み重ねていくように心がけたいものであります。

余市町 大乗寺
齋藤 亨弘

最新の法話
2021年02月20日
 
2021年02月13日
 
2021年02月06日
2021年01月30日

一覧へ戻る