法話

ポッドキャスティング配信データ
ポッドキャスト番組
左のアイコンをiTunesのウィンドウに
ドラッグ&ドロップして登録できます。
iTunesのダウンロードはこちらから

2009年12月12日放送

法話   2009/12/12
2009年12月12日放送

先日、とある講習会にお招きをいただき、その会場となった温泉に伺ってまいりました。
その温泉大浴場の脱衣所にかかっていた、一枚の水墨画に大変感銘を受けました。
その絵には、墨染めの衣を着たお坊さん二人が、それぞれ茶碗を片手にお酒でしょうか、お茶でしょうか、酌み交わしながらニコニコと話し込んでいる様子が描かれておりました。
そして特徴のある字体でこんな言葉が書かれていたのです。
「人間は泣きながら生まれてきたんだよ。長い人生だもの、泣く時もあるさ。その度に生まれ変わるんだな、きっと」
確かに産声をあげなければ私たちの今の命はありませんでしたから、泣きながら生まれて来たに違いありません。
またいくら大人になったとはいえ、肉親との悲しいお別れに涙された方も沢山おられる事と思います。
辛くて苦しい時、悔しくて悲しい時、様々な人生の場面場面で、泣きたい時も沢山沢山あった事でしょう。
その時に流す涙を、生まれ変わるための涙だと受け止めるのは、決して簡単で容易い事ではないと思います。けれど「今泣いたこの後生まれ変わるんだ」と思えたら、気持ちの上では随分と救われるに違いない、そう思っています。
涙の後に「さぁー、生まれ変わって新たに人生を歩んで行こう」と決意する事を発心と言います。また、菩提心を発こすとも言います。
曹洞宗をお開きいただいた道元さまは「菩提心を発こす事を何万回でもしていきなさい」とお示しされております。
人生泣いたり笑ったり、辛い時こそ前向きな気持ちで過ごしていきたいものと存じます。

夕張市 禅峯寺
安藤 英明

最新の法話
2021年08月28日
2021年08月14日
2021年08月07日
2021年07月31日

一覧へ戻る