法話

ポッドキャスティング配信データ
ポッドキャスト番組
左のアイコンをiTunesのウィンドウに
ドラッグ&ドロップして登録できます。
iTunesのダウンロードはこちらから

中道

法話   2020/04/18
2020年04月18日放送

おはようございます、札幌市 峯光寺 小野隆見です。
今年もあっという間に4月後半となり、その「あっという間」に様々なことが起こりました。
特に新型コロナウィルス感染症は世界中に大変大きな影響を及ぼし、心が不安でいっぱいだという方も多くいらっしゃることでしょう。
このように心が不安でいっぱいの人々に、お釈迦様であればどう救いの言葉をかけられたのか。それを考えてみますと、このような時こそ『中道を歩め』とおっしゃたのではないでしょうか。中道とは真ん中の道と書き、両極端を離れると言う意味です。
両極端とは今回の場合で言いますと、不安がいっぱいで何も手につかない状態、その対極が全く気にしないで何も対策しない状態、これらがこの場合の両極端ではないでしょうか。
この両極端を離れるときは、出来る限りの対策はして、不安がらずに生きる。と言ったところでしょうか。
それではこの両極端を離れるにはどうしたら良いのか。まずは一方的に入ってくるひたすら不安を煽る情報を遮断することをお勧めいたします。特にインターネットでは、ひっきりなしに情報が入ってきます。それらは時に、根拠のない情報であったりデマであったりします。それらを一旦遮断することで、何も考えない、思いを手放す時間を作っていきます。1日24時間の限られた時間をどのように過ごすか。24時間ひたすら不安がって過ごしても24時間。その不安がる時間を、他のことをしてすごしてみてはいかがでしょうか。
人間というのは、同時に二つの感情が生じないようになっております。例えば、楽しいことを考えながら悲しむ、今まで不安を抱えて過ごしていた時間を、読みたかった本を読む時間に、聴きたかった音楽を聴く時間に、またはあらゆる思いを手放して心静かに坐る坐禅の時間に変えてみていってはいかがでしょうか。

そうして抱えていた不安な思いを手放したところから、冷静に今回の問題に対策し、不安がらずに生きる。

こんな時こそ両極端を離れ、中道を歩んでまいりましょう。

札幌市 峯光寺
小野隆見

最新の法話
2020年04月25日
2020年04月18日
2020年04月11日
2020年04月04日

一覧へ戻る