法話

ポッドキャスティング配信データ
ポッドキャスト番組
左のアイコンをiTunesのウィンドウに
ドラッグ&ドロップして登録できます。
iTunesのダウンロードはこちらから

「悟りと気付き」

法話   2017/12/02
2017年12月02日放送

皆さんは「悟っていますか?」と質問された場合、
「はい、私は悟っています」と、自信を持って答えられますか?ほとんどの方は答えられないでしょう。
悟るとは、お釈迦様や、道元様、瑩山様等が気付かれた、自然の理と考えているかもしれません。

では質問を変えて、「無常に気付きましたか?」と、尋ねられた場合、どのように答えますか?
『無常』とは生老病死を受け止めるということです。
この質問ですと、「私は、無常に気付きました」と、答える方がいらっしゃるかもしれません。老いを感じる方、不治の病と闘っている方、大事なお子さんや両親・友人を亡くされた方等たくさんいらっしゃいます。

実はこの二つは同じことなのです。我々僧侶の言葉では『悟り』と言います。皆さんの言葉では『気付き』と言います。『悟り』と『気付き』とは言葉が違うものの、意味は同じなのです。

お釈迦様や道元様、瑩山様はみんな坐禅をして悟りを開きました。坐禅するとは足を組むことですが、皆さんがお仏壇の前に座り、手を合わせることも坐禅と同じ功徳があります。毎日お仏壇に手を合わせることは、一歩一歩『悟り』へ近づくことになるのです。

12月8日は成道会・お釈迦様がお悟りを開いた日です。是非手を合わせ、坐禅に親しんでください。

北斗市 光明寺
富田 大輔

最新の法話
2018年01月13日
2018年01月06日
2017年12月30日
2017年12月23日
2017年12月16日

一覧へ戻る