法話

ポッドキャスティング配信データ
ポッドキャスト番組
左のアイコンをiTunesのウィンドウに
ドラッグ&ドロップして登録できます。
iTunesのダウンロードはこちらから

「天の上にも、天の下にも、我ひとり尊し」

法話   2017/10/14
2017年10月14日放送

10月14日、今日は旅行が大好きな私にとって、大切な記念日です。
明治5年に新橋から横浜まで日本で初めて鉄道が開業したという鉄道記念日です。
そこで今日は鉄道から学んだお話を致します。
私の住んでいるお寺のすぐ裏手には、昨年惜しまれつつも廃線になった留萌・増毛線がありました。毎朝、5時55分、朝の電車がお寺の横を通る度に、列車と線路がこすれる音が一日の始まりを告げます。10年前、今のお寺に来たときは、初めこそ、その大きな音に慣れませんでしたが、慣れてくると、いつもの当たり前の日常になっていました。
わかってはいるものの廃線の翌日、その時間には物音ひとつしませんでした。
不思議な感覚と寂しさが、心をよぎります。

無くなって、初めて知る、その存在の大きさ。
それは、物も人も、一緒なのだと思います。
あの人がいて当たり前。
そんな思いが普通になればなるほど、相手の存在を考える事ができなくなってしまう。それが自分中心の生きかたに繋がってしまうのだと思います。

しかし、そんな私たちの心を調してくれるお釈迦様の言葉があります。
「天の上にも、天の下にも、我ひとり尊し」これは世界中で私一人が一番尊い存在だという事ではありません。あなたが、自分を大切だと思うように、相手も自分を大切だと思っている。一人一人が、この世に二つとない大切な存在である。まずは、それを忘れてはいけないという教えです。

この教えを心において、今日も出逢う人や物がともに大切な存在として過ごしましょう。
そうすれば、きっと、あなたも私も笑顔で1日を過ごせるはずです。
私もそう心がけて今日一日を過ごしてまいります。

増毛町 天総寺
谷 龍嗣

最新の法話
2018年03月31日
2018年03月10日
2018年03月03日

一覧へ戻る